[ITmedia ビジネスオンライン] 社長メッセージ、8割弱が「忖度で理解したフリ」 納得できない理由は?

RSS
この記事は約1分で読めます。

クリエイティブパートナー事業を提供するレンズアソシエイツ(名古屋市中区)は、経営者に関する実態調査を実施した。経営者から「組織の方向性」に関して、明確にトップメッセージが発信されていると思う人は72.2%だった。一方、トップメッセージに納得していない理由を尋ねたところ、「現場のことを理解していないように感じるから」(88.9%)が最多となった。