[ITmedia News] ICカード活用して建設残土追跡 不法投棄防ぐ

RSS
この記事は約1分で読めます。

国交省は2020年度から、ICカードを活用し建設残土の搬出入の場所や時刻、残土の量、土質、運搬業者の情報などを記録、一元管理する「トレーサビリティーシステム」の導入に向けた実証を実施している。