[ITmedia PC USER] 「ThinkPad」が生まれて30年 次の30年を占う2022年モデルはどんな感じ?

RSS
この記事は約1分で読めます。

1992年、当時のIBMが「ThinkPad 700C」を発売した。それから30年たった現在も、ThinkPadは「日本生まれの世界ブランド」として健在だ。次の30年の進化を見据えて誕生したという2022年のThinkPadはどのような特徴を持っているのだろうか。ThinkPadの開発を担うレノボ・ジャパンの大和研究所が説明した。