ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が次に捉える驚異とは

RSS
この記事は約1分で読めます。

米国時間7月12日、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)から届いた初の画像が公開された。研究者たちがJWSTを使って捉えようとしているのは、驚くべき現象の数々だ。例えば巨大なブラックホール、銀河の衝突合体、ガスを放出しながら発光する連星、木星の月とも呼ばれる氷衛星ガニメデ――。