[ITmedia ビジネスオンライン] 年収が半減!? “働かない60代社員”を増やす、再雇用制度のひずみ

RSS
この記事は約1分で読めます。

70歳までの就業機会の確保を努力義務とする改正高齢法への企業の対応を見ると、「60歳定年を維持したい」という企業の本音が透けて見える。そんな対応が生んだ、“働かない60代社員”を増やす、再雇用制度のひずみとは? 人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。