[ITmedia ビジネスオンライン] 「セカンド冷凍庫」爆売れ、コロナ禍と“もう1つ”の背景

RSS
この記事は約1分で読めます。

いま、新しいカテゴリーとして広がりを見せている家電が「セカンド冷凍庫」。その背景には、コロナ禍による備蓄食品の増加やお取り寄せといった内食の拡大があり、2021年の家庭用冷凍食品の生産数量は、過去最大となっている。しかし「セカンド冷凍庫」の爆売れには、もう1つ重要な背景がある。