クラブハウスで「保護されたプロフィール」設定が利用できるように

RSS
この記事は約2分で読めます。

Clubhouse(クラブハウス)は米国時間3月30日、ユーザーがフォロワーとして承認した人にのみ、自分の完全なプロフィールを公開できる保護プロフィール設定を開始すると発表した。この変更は、ロシアがウクライナに侵攻を続けていることを受け、プラットフォーム上でユーザーを保護し続けるために実施される。

「この時代に当社が世界中の人々がつながるための場となっていることに感謝していますが、紛争や激動の時代にあっては、あなたのオンラインプレゼンスとあなたが共有するものに注意することがますます重要になることも知っています」と同社はブログ投稿で述べた。

保護されたプロフィール機能は、アプリの設定でオンに切り替えられる。オンにすると、フォロワーを承認することができるようになる。あなたのフォロワーだけがあなたのプロフィール上のroom、クラブ、リプレイを見ることができるとClubhouseは説明する。また、この設定により、Clubhouse上では一般的にあなたは目にされにくくなる。あなたがフォロワーとして承認していないユーザーはあなたがオンラインになったときに見ることができず、あなたが知らない人があなたをフォローすることを勧めない、と同社は話す。

この新機能は、Clubhouseが戦争に反対するロシアの市民が協調するためのプラットフォームとなった一方で、ロシアのプロパガンダの本拠地にもなっていることを受けてのものだ。ロシアはInstagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)をブロックしたため、同国の人々はさまざまなコミュニケーション方法を探しており、その1つがClubhouseだ。

今日の発表と同時に、Clubhouseは紛争時にユーザーがソーシャルオーディオプラットフォーム上でどのように身を守ることができるかのヒントも提供した。同社は、ウクライナのユーザーに対して、音声を録音できるリプレイ機能をデフォルトでオフにしたものの、サードパーティのアプリやデバイスを使って同意なしにコンテンツを録音し、共有することが可能だと指摘している。口頭とプロフィールの両方で共有する情報については慎重になるようにも呼びかけている。同社はまた、自分の発言や共有内容に気を配ることは重要である一方で、自分の声が識別子になり得ることも忘れてはならないと指摘している。

画像クレジット:NurPhoto / Contributor / Getty Images

原文へ

(文:Aisha Malik、翻訳:Nariko Mizoguchi