[ITmedia ビジネスオンライン] カニ・ウニ、価格高騰の恐れ避けられず ロシア産が5割前後

RSS
この記事は約1分で読めます。

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、日本国内で水産物の価格高騰が懸念されている。日本にとってロシアは世界3位の水産物の輸入先で、カニやウニなどはロシア産のシェアが最も多い。輸入が滞れば品不足に陥る可能性が高いからだ。